大丸製作所
お問い合わせ・ご注文
092-411-6871
大丸製作所経営理念

大丸製作所はモノづくりの感動を未来へ繋ぎ、最高の商品で地域社会に貢献します。

We designed this for people who choose to wear our fabric,and each one of products with our hearts.

大丸製作所を支えるのは、経験豊かな職人の技。熟練の職人が腕を振るう、物作りの現場をご紹介します。
経験豊かな職人の真剣な眼差しと立ち居振る舞いには、まるで舞台を舞うダンサーにも通じる美しさがあります。

INTERVIEW

大丸製作所の想いをインタビュー形式でお伝えいたします。

大丸製作所が誕生したのは昭和7年。創業以来、卓越した技術と心と愛情を込めた家具づくりで福岡市役所に関する美術館・博物館等の什器や旧国鉄の什器を製作して来た大丸製作所の想いを紐解きます。

長い歴史に彩られた大丸製作所ですが、
これまでの伝統や歴史に対してのプレッシャーはありますか?
―プレッシャー以上に将来へのワクワクの方が大きいですね。

もちろん、後継者としてのプレッシャーはあります。創業して80年近くになりますから、日々の仕事でも職人の思いや、現社長の思いを自分が受け止める大変さを痛感しています。でも、プレッシャー以上に将来へのワクワクの方が大きいですね。経営者の成長は会社の成長ですから、自分自身がもっと成長するのと同時に会社も発展させていきたいです。その為に、色々な所で日々勉強中です。

モノづくりへのこだわりを教えてくれますか?
―全てにおいて「職人の想い」が詰まった家具なんです。

弊社は一つ一つの家具を、家具職人が最初から最後まで責任を持って作り上げます。流れ作業で組み立てるライン生産方式ではなく、職人の思いが詰まった家具です。また、無垢材や合板等の材料一つ一つについても低ホルムアルデヒト等、安全性に優れた材料で家具を作っています。そして、家具に使用する釘やビス、その他多くの金物についても老舗の金物屋さんに御協力して頂き、耐久性の良いものを選んで使用していますので、安全性・耐久性の面に特にこだわって製作しております。

学校等の公共施設のお仕事が多い様ですが、そこには何か理由があるのでしょうか?
―公共工事に関する実績と信頼度が高いからではないでしょうか。

弊社は昔から、福岡市と福岡県の家具工事をさせて頂いております。福岡市内に家具工場がある家具屋が少ない事も理由の一つですが、やはり公共工事を受注した建設会社様や工務店様から声が掛かるのは、公共工事に関する実績と信用度が高いからではないでしょうか。

大丸製作所のこれからのビジョンを教えて下さい。
―それぞれのお客様の生活に合った、オンリーワンの物が売れる時代では無いでしょうか。

これからの時代は、大量生産・大量消費の時代ではなく、それぞれのお客様の生活に合った、オンリーワンの物が売れる時代ではないでしょうか。弊社も、建設会社様の仕事以外にも、個人のお客様の家具や、リサイクル・リユースできる環境にやさしい家具作りを目指そうと考えています。また、工場見学や木工教室等、新しい分野へもどんどんチャレンジして行きたいですね!

大丸さんが仕事をする上で大切にしている事はなんですか?
―わたしの事をある意味「好き」になってもらうこと。そしてやはり、笑顔を大事にしています。

私は営業の人間ですので、特に笑顔を大事にしています。仕事を円滑に進めるためにも、お客様とのコミュニケーションはとても大切です。まずは私の事をよく知ってもらうところから始めています。私の事をある意味『好き』になってもらってから仕事の話をしてその次に、弊社の歴史やモノづくりに対する考え方をお伝えするようにしています。そして、商品についてはお客様との話の中で提案させて頂き、妥協のない最高の商品を提供させて頂いております。

お客様から言われて嬉しいことはなんですか?
―精魂込めて作った家具で、お客様が喜ばれる姿を見れる事はいつも嬉しいです。

以前ある学校の司書の方から、本棚や図書室備品のご注文があったのですが、納品してから図書室が明るくなり雰囲気は良くなった、と言われた事がありました。それは嬉しかったですね。木製の家具って空間を明るくしたり、雰囲気を暖かくする効果がある事を再確認しました。自分たちが精魂込めて作った家具で、お客様が喜ばれる姿を見れる事はいつも嬉しいです。

職人さんは頑固なイメージがありますが、仕事上でぶつかったりしませんか?
―実は入社当時は衝突した事もありました。それこそ事務所のゴミ箱を蹴り飛ばしたりもしましたが(笑)

僕が跡継ぎとして入社した時は、何度か衝突したこともありました。それこそ、事務所のゴミ箱を蹴飛ばしたりしましたが…(笑) しかし、同友会等で学んだ「経営者と従業員が一体となって学んでいく」という労使見解を学び、経営理念を作成する事で、会社は職人さんも含め全員のおかげで成り立っている事が分かりました。それからは、僕自身も職人さんもお互いが率直な意見を言い合って、お客様に最高の商品を提供するようにしています。確かに職人さんって頑固な人も多いですが、実際に話してみるとやさしい人が多いですよ。弊社の女性陣もよく言っています。先日、慰安旅行に行った時も私の子供を交代で抱っこしてくれましたしね。

長い時間とともに、信頼関係を築き上げてこられたのですね。
お話を伺うと社員さんや、職人さんを
すごく大切にしていらっしゃいますね。
―社員というより「ひとつの家族」という感じかも知れませんね。

弊社は、歴史の長い会社です。それはある意味、大丸製作所に携わってくれた多くのお客様、職人を含めた社員さん達が力を貸してくれたおかげだと思っています。余談ですが、弊社はお昼ごはんをなるべく社内の食堂で食べるようにしています。一人で食べるより、みんなでワイワイ食べたほうが美味しいし、会話も弾みます。弊社の場合は社員というより一つの家族という感じかもしれませんね。一人一人が最高の力を出し、共に最高の会社を創る、そんな大丸製作所が理想です!

ページの上部へ